新燃料の使用

勿来発電所

新燃料の使用

 下水浄化センターの汚泥から製造した炭化燃料や、木材を切った後に発生する未利用の残材等木質原料を使用した木質バイオマス燃料をそれぞれ石炭と混焼し、石炭・重油などの化石燃料の消費を少しでも抑え、CO2削減等による地球環境保全に寄与しています。
 発電された電力は、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づく固定価格買取制度の対象となっております。
 なお、震災以降、炭化燃料の受入は中断しております。

 

 

← Previous