設備概要

設備概要

許可出力 1,700,000kW
ユニット 7号機 8号機 9号機 10号機
(IGCC)
出力 250,000kW 600,000kW 600,000kW 250,000kW
運転開始年月日 1970(昭和45)年
10月26日
1983(昭和58)年
9月9日
1983(昭和58)年
12月15日
2013(平成25)年
4月1日
ボイラー型式 強制循環形 変圧貫流形 変圧貫流形 二室二段
噴流床方式
使用燃料 石炭・
炭化燃料・
木質ペレット
石炭・
炭化燃料・
木質ペレット
石炭・重油・
炭化燃料・
木質ペレット
石炭
敷地面積 697,000m2

発電のしくみ

従来型石炭火力 【8・9号機】

8・9号機発電のしくみ

 ボイラ内で石炭を燃焼し蒸気を発生させます。この蒸気の膨張力により蒸気タービンを回転し、直結した発電機を回します。

IGCC(石炭ガス化複合発電) 【10号機】

IGCC仕組み

 ガス化炉内で石炭をガス化し、燃料ガスを発生させます。この燃料ガスをガスタービンに導き、燃焼させることにより、ガスタービンを回します。さらに高温の排ガスをボイラに導いて蒸気を発生させ、蒸気タービンを回し、直結した発電機を回します。